後期高齢者医療制度窓口負担

申請で、3割負担から1割へ

 4月に始まった後期高齢者医療制度。窓口負担割合に変更のあった人たちへ新しい保険証(8月1日から有効)が届いています。08年度の課税所得に応じて変更されたものです。

 3割負担に変わってビックリされている方もいらっしゃると思いますが、その場合でも、次のような場合には1割負担に変更できます。

①被保険者が1人の世帯で、07年の年間収入が383万円未満の場合

②被保険者が2人以上の世帯で、07年の年間収入が520万円未満の場合

 保険証と確定申告書など、世帯の収入が分かるものを持って区役所の保険年金課(275ー6255)で申請してください。

 また、07年の収入額によっては、自己負担限度額が軽減される場合もあります。

 不明の点は、もりた真弓まで、お問い合わせください。
[PR]

# by morimayu9 | 2008-08-10 17:57 | 「はなっく」より  

赤字のツケを暮らしの予算にしわ寄せ───千葉市の新年度予算───

 3月19日閉会の08年第1回定例議会は、道路特定財源のあり方をめぐって、各会派ごとに意見書が提出されるなど、国会の動きと結んで緊迫した議会でした。

 市長提案の新年度予算には、日本共産党市議団は、今回も堂々と予算組み替え動議を提出しました。民主、市民ネットなどもそれぞれ反対しました。

 財政難をもたらした大型開発予算はそのままにして、赤字のツケを敬老祝い金の廃止、見直しなど、暮らしの予算にしわ寄せするのは、許されません。

 切迫した暮らしの厳しさは、市議会の状況にも大きく影響して「市民の声が市政を動かす条件」が広がっています。
[PR]

# by morimayu9 | 2008-04-10 17:52 | 「はなっく」より  

毎朝の家事は ラジオを聞きながら

 時計がわりにもなり、情報源として、その日の主なニュースや天気なども参考にしています。

 最近は「春」に関するリクエスト曲がかけられるようになり、だんだんと移りかわる季節を感じさせてくれます。

 さて、生活にあたたかい「政治の春」は、どこから?
[PR]

# by morimayu9 | 2008-03-10 17:51 | 「はなっく」より  

国保料の減免制度について

 国民健康保険は、だれもが安心して医療を受けられるための制度ですが、保険料が高すぎて払えずに、保険証を取り上げられるというひどいことが行われています。

 千葉市には、生活が著しく困窮し、収入が見込めず保険料を納めることが困難であると認められれば減免される制度があります。風水害・火災などの災害を受けた場合、状況に応じて減免されます。

 月内に申請すればその月から減免されますが、さかのぼっては減免してくれませんので、対象になる方は、早めに申請をしましょう。

 申請は、花見川区役所・保健年金課(275ー6255)へ。 ご相談があれば、いつでももりた真弓(258ー5716)まで、どうぞ。
[PR]

# by morimayu9 | 2008-02-10 17:49 | 「はなっく」より  

ふるさとは…

日暮れの時間が早くなり、吹く風に肩をすぼめる季節には、田舎(長野)の両親の顔が浮かびます。

高校卒業と同時に家を離れひとり暮らしを始めた頃から、米や野菜を送り続けてくれている両親は、もうだいぶ高齢です。

「今日は冷えるなー」という、ちょっとした気候の変化が妙に気になるようになりました。
[PR]

# by morimayu9 | 2007-12-10 17:48 | 「はなっく」より  

妊婦健診 無料健診の回数を増やして

 「え~っ!本当に?」共産党議員団室に思わず響いた驚きの声。

 9月議会での常任委員会・保健下水委員会で、共産党が紹介会派となって提出された「妊婦の無料健診の回数(現在は2回)を増やして」というお母さんたちの請願が採択されたのです。参院選の結果を反映して、民主党も賛成に回るという変化が起こりました。 残念ながら本会議で、自・公の数の力で否決されてしまいましたが…。

 しかし、妊婦の健診については、ことしの1月厚労省から「公費負担の望ましいあり方」として各自治体が「5回程度」無料化を広げるよう通達しており、いま全国で8割の自治体が無料健診の回数を増やす方向に進んでいます。

 この請願に反対した自民・公明・新政ちばに対する市民の厳しい批判は当然です。日本共産党は、請願の実現のために頑張ります。
[PR]

# by morimayu9 | 2007-11-10 17:43 | 「はなっく」より  

「生活保護」は生きる権利の社会保障

 「年金の収入だけではとても暮らせない。貯金も底をついた」「病気で働けない」「家賃も滞納していて、住む場所まで失ってしまうかも…」このように生活に困り、親類などの援助も受けられない状態の時、生活保護の申請が出来ます。

生活保護とは、憲法25条の規定に従って、国が決めた基準金額にその人の収入が達しない場合に、不足する金額を国として保障する制度です。

 働いている人、年金生活の人も、基準金額に達していない場合は申請できます。花見川区役所にある福祉事務所社会援護課が申請・相談の窓口です。(電話・275ー6471)

申請書を提出した後、保護するかどうかの判定が行われます。しかし、社会保障切り捨てを進める自公政権のもとで、申請そのものを受け付けない窓口が増えています。北九州市ではそのために自殺や餓死に追い込まれる事件が繰り返され、これ以上許してはならないと、8月24日弁護士らが同市小倉北区福祉事務所長を刑事告訴しました。

千葉市でそのようなことのないように、お力になりますのでお困りの時はぜひご相談ください。
[PR]

# by morimayu9 | 2007-09-10 14:33 | 「はなっく」より  

学校統廃合問題

────住民合意のもとで検討を────
人員削減、コスト削減をねらいとした
一方的な統廃合には反対


 はじめて臨んだ6月議会。民主党議員が、美浜区の統廃合対象校の問題を取りあげ、「地元の合意がなくても行うよう」に、また「学区の自由化を求める」など強引な要求をしていて驚きました。

 花見川区では、昨年4月、隣りあった花見川4小、5小が合併し、花島小学校がスタートしました。千葉市内でも、少子化の影響で児童数が減少し、市が学校の統廃合の指針を出しています。

 日本共産党は、人員削減、コスト削減をねらいとした一方的な統廃合には反対の立場です。地域の事情も含め、住民の合意のもとで検討するべきだと主張しています。
[PR]

# by morimayu9 | 2007-07-10 14:25 | 「はなっく」より  

当選!ばんざ~い!

a0162505_14235614.jpg

[PR]

# by morimayu9 | 2007-04-09 00:08 | 「はなっく」より