「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

信号機設置に一歩前進 朝日が丘のマルエツと畑通勤寮前

朝日が丘のマルエツと畑通勤寮前に横断歩道があります。
バス通りで交通量が多く、信号機の必要性が高いことは、以前小松実県議と地域の方と一緒に申し入れをしたときに、県警も認識していました。

a0162505_8552690.jpg

しかし、信号機設置のための十分な場所がないとのことで、この間千葉市の地域安全課と土木事務所で、検討してもらっていました。

先日、側溝の切り回し?工事が行われ、信号機を立てる場所が出来ました。
信号機設置に一歩近づきました。引き続き取り組みます。
[PR]

by morimayu9 | 2010-07-27 08:57 | かけある記  

車の振動で起こされてしまう

さつきが丘2-10と南公園の間の道路は、ところどころ直されています。

先日、「市民アンケート」に寄せられた「振動がひどく、寝ていても起こされてしまう」という路面を見ました。
また、バス通りに近いところにも大きなくぼみができていました。

a0162505_16373259.jpg

a0162505_16394690.jpg

a0162505_16408100.jpg


土木事務所に伝え、改善を求めていましたが、今後の予定を教えていただきました。

調査の結果表面だけ直しても改善できないので、時間は多少かかるけれど予算を取って直す予定とのことでした。

今しばらくお待ちください。
[PR]

by morimayu9 | 2010-07-26 16:40 | かけある記  

排水の不具合、夏祭りまでに改善を

さつきが丘の西グランド横に水道がありますが、排水がうまく機能していないようで、水が溜まった状態です。
先日、花見川公園緑地課に住民の要望を伝え、改善を求めました。排水の管のつまりなのか、側溝の問題か調べて担当課が対応します。

a0162505_10345583.jpg

a0162505_10351388.jpg


そろそろ夏祭りですが、多くの団体も水道の利用をすることから、急いで対処してもらうようにします。
[PR]

by morimayu9 | 2010-07-23 10:36 | かけある記  

歩道が途切れている───さつきが丘1丁目

軽便道路沿い。
さつきが丘1丁目側には、既存の建物があるため歩道の切れている場所があります。

a0162505_177249.jpg

a0162505_1774926.jpg

途切れた歩道


歩行者も一度車道におりて、通過しなければいけません。
一日を通して交通量がおおく、朝夕は自転車通学の高校生も行きかう場所です。

さつきが丘方面からの車が合流する交差点でもあり、地域の住民からも土木事務所に要望されていますので、何らかの改善が求められます。
[PR]

by morimayu9 | 2010-07-20 17:08 | かけある記  

「すごい数の子どもが通っているんだよ」

 朝7時前。花見川区の北部、宇那谷町の「み春野団地」。夏休み直前の照りつける日差しの中、早い子はこの時間にもう家を出ていました。

a0162505_13124829.jpg


 み春野から国道16号線に架かる歩道橋を渡り、こてはし台小学校まで登校する子どもたちは600人以上です。
大人の足でも25分から30分、いちばん遠いところの子どもたちは学校まで50分から1時間かかるとのことです。

a0162505_13132043.jpg


 通学路の途中と、歩道橋の上がり口にはセーフティウオッチャーさんがいて、「風に飛ばされるから、帽子を取りな」「水筒の紐を踏まないように肩に掛ける」と通る子どもたちに、つぎつぎ声を掛けています。
 歩道橋は高さもあり、傘をさしたら2人並んで歩くのにぎりぎりの幅です。子どもたちが無事に渡れるように大人の声かけはとても大事だと感じました。

 通学路の一部は「児童優先」の文字を入れた車両通行禁止の看板で、7時~8時と15時~17時まで車の 通行を制限しています。しかし、学校の下校時間はいつも同じとはいえません。
 「今日のように夏休み前で給食のない日は、下校が制限時間外で、しかも子どもたちがいっせいに下校するから、朝よりもっと大変だ」とのお話でした。
 また、夏の炎天下や大雨の通学の大変さは想像していましたが、「のどが渇いた」「トイレに行きたい」など長い通学時間には、他にも様々な問題があることもわかりました。

a0162505_1314812.jpg


 学校ではこの4月から、登校時間を10分遅くしたそうです。
 冬は明るくなるのが遅いので、「薄暗いうちに家を出なくても良いように」との配慮とのことです。
 自治会やPTA、セイフティウオッチャーさんの献身的な協力なしに子どもの安全は守れない状況であること。学校も地域と一緒に工夫をしていること。

a0162505_13143132.jpg


 でも、地域の努力だけでは限界がある。行政として改善のために取り組めることは何か、考え中です。
[PR]

by morimayu9 | 2010-07-17 13:15 | かけある記