身近な公共施設

「市は『連絡所』をどうするつもりなの?」
ー長作連絡所・こてはし台連絡所についてー        担当課との懇談

a0162505_04414968.jpg
 8月10日の午後、千葉市議会議会棟の応接室で、資産経営課と地元のみなさんとの懇談を行ないました。
 6月の定例議会で私が一般質問した「ふるさと農園」と長作・こてはし台の「連絡所」が、市の資産評価で「見直し」になった件についてです。(日本共産党千葉市議団の議会だより2017.6月号参照)
 「長作連絡所の存続を求める会」の代表者からは、市長あての署名が手渡され、参加した住民からは、交通不便で、しかも高齢化の進んでいる地域であり、なくてはならない地元の公共施設であること等が、口々に話されました。
 「引き続き十分な時間をとった説明を」と求め、次回の懇談を申し入れました。






[PR]

by morimayu9 | 2017-08-13 05:11  

<< 原水爆禁止世界大会 犢橋公民館 内覧会 >>