旧畑通勤寮の跡地に特養ホームを・・・

「旧畑通勤寮の跡地に特養ホームを」
「歩道のせまいバス道路を改善し、安全対策を」


2つの要望書を持って、さつきが丘の住民の方と、高齢施設課と道路の維持管理課と懇談を行ないました。

今、花見川区の畑町にあった「旧畑通勤寮」の建物が取り壊され、更地にして国へと返還される予定で工事が進んでいます。

敷地の面積は5485平方メートル。80人定員の特別養護老人ホームが十分に建てられる広さです。
千葉市の特養の待機者は2110人。そのうち花見川区の待機者は399人。市内33ヶ所ある特別養護老人ホームの多くは若葉区などに集中しています。
花見川区には4ヶ所、定員は300人。入りたくても施設が足りません。

「有料老人ホームならたくさんあるけど、月々の支払いや入所時のお金を考えるととても申し込めない。」
高齢者だけの問題ではありません。介護を必要とする方の家族にとっても大きな課題です。

署名付きのチラシを配り始めました。「特養ホーム建設を」の声を広めて実現させましょう。是非、ご協力ください。

a0162505_22294839.jpg

写真は住民とともに高齢施設課と道路の維持管理課と交渉するもりた真弓

[PR]

by morimayu9 | 2011-02-24 22:34 | かけある記  

<< 来年度の予算はどうなる? 千葉県女性後援会の主催 「2・... >>